mail facebook twitter

お中元の基礎知識

2017.07.13

  • Evernoteに保存
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

お中元とは

夏のご挨拶であるお中元は、道教の年中行事である「中元」が起源。
これに日本古来の先祖供養の風習が融合し、親類縁者などへお供え物を配る習慣ができたと言われています。
その後、江戸時代には、感謝の気持ちを込めた贈りものへ変化。
現代のように、上半期の区切りにお世話になった方に贈る習慣として定着しました。

お中元を贈る時期

贈る時期は地方によって異なりますが、東日本においては7月初旬から中旬までに贈るのが習慣で、西日本では、8月初旬から中旬までの期間に贈るのが一般的です。
他にも「暑中御見舞」や「残暑御見舞」としており、贈り先が目上の方の場合は、それぞれ「暑中御伺い」「残暑御伺い」とします。
お中元は毎年贈るのが基本ですが、恒例とせずに、今年特別にお世話になった方に贈るなら、「御礼」としましょう。

のし紙の種類と書き方

お中元の贈り物に掛ける「のし紙」は、紅白の5本又は7本の花結び(蝶結び)にのしが付いたデザインのものを用います。
表書きは濃い色の墨を用いて楷書体で書くのが基本。
上書きは水引中央結び目の上に「御中元」と書き、名前書きは水引中央結び目の下にやや小さめにして書き入れます。

夏ギフトのご購入はこちらから

  • Evernoteに保存
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  • ボージョレ・ヌーヴォーには「ミレクラ」

    ボージョレ・ヌーヴォーには「ミレクラ」

  • “冬ギフト”始めました。

    “冬ギフト”始めました。

  • ゆずり葉通信 2017年11月号

    ゆずり葉通信 2017年11月号

  • ゆずり葉通信 2017年10月号

    ゆずり葉通信 2017年10月号

  • 全部食べるだしパウダーレシピ~豚バラと白菜の重ね鍋~

    全部食べるだしパウダーレシピ~豚バラと白菜の重ね鍋~

  • お支払いについて

    お支払い方法:クレジットカード 代金引換

  • 送料について

    商品代金以外の必要料金:
    全国一律600円の送料
    (1回のお買い物が5,000円以上ご購入の場合は無料)
    ※ただし、ホームページからのご購入に限ります
    ※複数のお届け先がある場合は有料になる場合があります
    ※代引手数料は当店が負担いたします

  • 返品・交換について

    万が一、雑穀米をはじめとした商品に破損、
    汚れ、変質その他問題が生じていた場合は
    商品到着日より7日以内に事前に連絡の上、
    着払いにてご返送ください。
    良品と交換させていただきます。
    お客様のご都合による返品・交換の場合、
    商品到着後7日以内にご返品手続きをお取り下さい。
    (返品送料はお客様負担でお願いします。)