mail facebook twitter

秋のお彼岸レシピ~雑穀おはぎ~

2017.09.07

  • Evernoteに保存
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おはぎに使われるお餅は豊穣や子孫繁栄を象徴する食べ物であり、あんこに使われる「あずき」は、古くから悪いものを追い払う効果があるとされてきました。
今年の秋のお彼岸は、9月20日(水)から9月26日(火)までとなっています。

【材料(5~6個分)】

米:0.5合
もち米:0.5合
十六雑穀米:15g(大さじ1杯)
小豆:200g
砂糖:200g
塩:ひとつまみ

【作り方】

①米ともち米はきれいに洗ってざるにあげ、水切りをする。
②炊飯器に①と十六雑穀米を入れ、1合分+50㏄の水を入れる。軽くかき混ぜ、1時間以上浸し炊飯する。
③炊飯が終わったら15分程度蒸らし、ボールに移し炊きたてのごはんをすりこぎなどで半分潰す。
④小豆は軽く水で洗い鍋に入れ、小豆がかぶるくらいの水で火にかける。
⑤沸騰したらざるにあげ、煮汁を捨てる。 鍋に小豆と倍量の水を入れて火にかけ、やわらかくなるまで茹でる。
⑥④を一度ざるにあげて鍋に戻し、弱めの中火で砂糖を4~5回に分けていれゆっくり混ぜ塩で味を整える。
⑦鍋底が焦げないように混ぜ、水分が減りすくって「ぼてっ」と落ちるくらいになると火からおろして冷ます。
⑧半分潰したごはんを5~6等分にし丸め、ラップを使ってあんこで包んだら出来上がり。

ごはんはやわらかい方が美味しいので浸水時間を長くとってみましょう。
また、あらかじめ棒状に形を整えておくと等分にしやすくなります。
あんこは、へらですくって鍋に落とすと、一瞬山形になる状態ができるくらいの堅さが火を止める目安です。

国内産小豆の商品ページはこちら
国内産十六雑穀米の商品ページはこちら
  • Evernoteに保存
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

人気の記事

  • ボージョレ・ヌーヴォーには「ミレクラ」

    ボージョレ・ヌーヴォーには「ミレクラ」

  • “冬ギフト”始めました。

    “冬ギフト”始めました。

  • ゆずり葉通信 2017年11月号

    ゆずり葉通信 2017年11月号

  • ゆずり葉通信 2017年10月号

    ゆずり葉通信 2017年10月号

  • 全部食べるだしパウダーレシピ~豚バラと白菜の重ね鍋~

    全部食べるだしパウダーレシピ~豚バラと白菜の重ね鍋~

  • お支払いについて

    お支払い方法:クレジットカード 代金引換

  • 送料について

    商品代金以外の必要料金:
    全国一律600円の送料
    (1回のお買い物が5,000円以上ご購入の場合は無料)
    ※ただし、ホームページからのご購入に限ります
    ※複数のお届け先がある場合は有料になる場合があります
    ※代引手数料は当店が負担いたします

  • 返品・交換について

    万が一、雑穀米をはじめとした商品に破損、
    汚れ、変質その他問題が生じていた場合は
    商品到着日より7日以内に事前に連絡の上、
    着払いにてご返送ください。
    良品と交換させていただきます。
    お客様のご都合による返品・交換の場合、
    商品到着後7日以内にご返品手続きをお取り下さい。
    (返品送料はお客様負担でお願いします。)