mail facebook twitter

夏越ごはんの日特集~京の和菓子 水無月~

2018.06.29

夏越ごはん特集~京の和菓子 水無月~

夏越ごはん特集、これまで夏越ごはんのレシピを2つご紹介させていただきました。今回は、同じ6月30日夏越の日に食べる京の和菓子 【水無月】をご紹介致します。

【材料(8切分)】

■白玉粉(もち粉でも可) 60g
■薄力粉(小麦粉) 100g
粗精糖  120g
■水(2回に分ける) 100㏄と140㏄

【ゆで小豆】
小豆 160g
■砂糖 大さじ6
■仕上げの甘み付け時に加える水 350ml
■塩 一つまみ

【作り方】

【ゆで小豆】
①.鍋に入れた小豆をさっと洗って、1Lくらいの水を入れて火にかける。
(※小豆は浸水させておく必要はありません。鍋に小豆と水を一緒に入れてすぐに火にかけて大丈夫です。)
②.下ゆで(渋抜き)は2回行う。はじめの下ゆで(渋抜き)はたっぷりの水で下ゆでする。
 沸騰したらゆで汁を捨てて、再びたっぷりの水を入れて火にかける。
 2回目の下ゆでも沸騰するまで火にかけて、沸騰してきたら同じようにゆで汁を捨てて
 再度水をたっぷり入れる。(※まだ、この段階では小豆は硬い状態です。)
③.3回目の下ゆでは、沸騰してもゆで汁を捨てずに
 そのまま柔らかくなるまで小豆を炊く。沸騰したら弱火にして、じっくり1時間炊く。
 (※途中でゆで汁が少なくなってきた場合は、小豆が煮汁から頭を出さないように
 何度か水を差しながら行う。)
④.簡単に潰せる程の柔らかさになったらざるあげして、汁を切る。
⑤.汁気を切ったゆで小豆を鍋に入れ、砂糖と仕上げ用の水、塩を合わせる。
 中火で火にかけ、湧いてきたら火を弱め、砂糖の甘みと小豆をなじませるために10分ほどコトコトと
 炊く。炊き終わったら、粗熱を取る。

【生地】
➊.薄力粉をふるいにかけダマをなくす。
❷.ボウルに白玉粉を入れ水(100cc)を少しずつ加えながらゴムべらで粒を潰すように混ぜる。
❸.ふるっておいた薄力粉、砂糖を加え、残りの水(140cc)を少しずつ入れながら、しっかり混ぜる。
❹.生地大さじ4杯分を別の容器に取り分けておき、残りをクッキングシートをしいた耐熱容器に
 こし器でこしながら流し入れ、混ぜる。
❺.上からラップをして電子レンジで(500w)5~6分加熱する。
❻.取り出して、❺の上に小豆を平らに広げる。残しておいた生地をまんべんなく流し入れ、
 再度ラップをして電子レンジで3分ほど加熱する。耐熱容器に入れたまま、粗熱が取れたら
 冷蔵庫でよく冷やす。取り出したら、三角形にカットする。

粗精糖の商品ページはこちら 
小豆の商品ページはこちら

人気の記事

  • ゆずり葉通信 2018年7月号

    ゆずり葉通信 2018年7月号

  • 7月7日は【そうめんの日】

    7月7日は【そうめんの日】

  • 夏越ごはんの日特集~京の和菓子 水無月~

    夏越ごはんの日特集~京の和菓子 水無月~

  • 夏越ごはんの日特集~夏越ごはんでアレンジレシピ~

    夏越ごはんの日特集~夏越ごはんでアレンジレシピ~

  • 夏越ごはんの日特集~おすすめ雑穀ご紹介~

    夏越ごはんの日特集~おすすめ雑穀ご紹介~

  • お支払いについて

    お支払い方法:クレジットカード 代金引換

  • 送料について

    商品代金以外の必要料金:800円
    ただし北海道・沖縄は1,000円いただきます。
    (1回のお買い物が5,000円以上ご購入の場合は無料)
    ※ただし、ホームページからのご購入に限ります
    ※複数のお届け先がある場合は有料になる場合があります
    ※代引手数料は当店が負担いたします

  • 返品・交換について

    万が一、雑穀米をはじめとした商品に破損、
    汚れ、変質その他問題が生じていた場合は
    商品到着日より7日以内に事前に連絡の上、
    着払いにてご返送ください。
    良品と交換させていただきます。
    お客様のご都合による返品・交換の場合、
    商品到着後7日以内にご返品手続きをお取り下さい。
    (返品送料はお客様負担でお願いします。)